日々の仕事や趣味やらを気が向いたらぶちまけるブログ

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

* ニコニコ動画マイリスト *

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●よろしかったらクリックお願いします●
作曲を始めて公開した3曲はいずれも、コード進行を深く考えず作った曲です。
1曲目なんて特にスケールの概念を無視してコード進行を書いてたりしてますw
最近、コード進行スタイルブック (Creators’ Handbooks)なんて本を買ってコード進行を勉強しています。
ついでに、DTM打ち込みフレーズ制作技法(CD-ROM付き)こんな本も買ってたりしますがw

さて、コード進行スタイルブックの本を読んで、スムーズな転調、移調について考察してみました。
以下の表は、主調、平行調、同主調、同主調の平行調の関係を表したものです。


















ABCDEbEFGAbABbBCD
主調(Cメジャー)


Ⅱm
ⅢmⅤ7
Ⅵm
Ⅶdim



CEGDFA
EGBFACGBDF
ACE
BDF

平行調(Am)
ⅥmⅦdimⅡm
Ⅲ7





ⅠmⅡdimⅣm
Ⅴ7





ACEBDFCEGDFA
EG#BDFACGBD





同主調(Cm)


ⅠmⅡdimbⅢ
ⅣmⅤ7bⅥ
bⅦ




ⅠmⅡdim
ⅣmⅤ7





CEbGDFAbEbGBb
FAbCGBDFAbCD#
BbDF


同主調の平行調(Ebメジャー)




bⅢ
ⅣmⅥmbⅥ
bⅦ7
ⅠmⅡdim





ⅡmⅢm
Ⅴ7
ⅥmⅦdim




EbGBb
FAbCGBbDAbCEb
BbDFAb
CEbGDFAb

背景が赤色が、主調から見た、コードのローマ数字表記
背景が水色が、転調後のコードのローマ数字表記
背景が黒色が、構成音です。

このほかにも、属調、下属調や、それらの関係調も転調先としてありますが今回は割愛
ちなみに、各関係調を主調として見た場合のローマ数字表記があってるかは知りませんw
また、本来、平行調のⅢ、Ⅵ、Ⅶは、bⅢ、bⅥ、bⅦとして表記するのが正しいのですが、あくまでコード構成音から見た、主調でのコードなので、こうしました。

こうして表にして見ると、よくわかるのですが、主調のⅣとⅤです。
特にⅣ(Ⅳm)は全ての関係調において、それぞれの代理コードないしは、サブドミナントマイナーだったりします。

私自身コード理論なんてさっぱりしらないため、よくDTMやコード進行なんかで解説されている転調方法で、転調前の何を使えばスムーズに転調できるとか解説されてます。
なんで、そうなるのかがわっぱりわかっていませんでしたが、このように表にしてみて、主調を基準として各関係調の実際の関係性を一覧してみることで、若干わかりやすくなりました。

実際のコード進行としては、

Ⅰ Ⅵm Ⅱm Ⅴ からⅣ Ⅱm Ⅲ7と進行するコードの場合、ⅣをAmのⅥ(Ⅰmの代理)と見立ててAmに転調させて、転調前後のコード進行をⅤ(Ⅵ) Ⅵ(Ⅰm) Ⅳm Ⅴ7と見ることが出来ます。
動きとして、T T SD D(T) T(T) SD Dとなります。
こんな感じで、転調前に、主調におけるⅣ(Ⅳm)ないしはⅤを転調前にもってくることで、スムーズに転調させることができるのです。

・・・なんでテーブル使ったらやたら空白あくねん・・・
スポンサーサイト
●よろしかったらクリックお願いします●
かなり久しぶりの更新
一時期マシンがふっとんだりしてPC買い替えまで間が空いたりしてたらいつのまにかブログの存在を忘れていたw

さて、疎遠だったDTMだったのですが、再び熱があがってきてコード理論だの編曲だのといったことを勉強中です。

そんな感じでだらだらと作曲なんぞをしてみました。





素人が適当に思いつくままコード並べて少しいじった程度です^^;

●よろしかったらクリックお願いします●
DTM全くの素人だった私が、勢いで初音ミクを購入し、その後も勢いに乗って、BIABとMMと鏡音リン・レンを購入。
ボカロ互助会で活動するようになり、いろいろと勉強した一つの成果がもうすぐ形になろうとしています。
そこで、実際にどれだけ勉強になっているかを書いてみたいと思います。

まずは、宣伝w

上記に収録されている「負け犬のオーボエ」でボカロ:レンを担当しています。
[ミックスダウン]の続きを読む
●よろしかったらクリックお願いします●
シングルモルトを飲むようになって半年、家でも飲むようになって3ヶ月
一度、飲んだことのあるモルトを列挙してみようと思います。

○ザ・グレンリベット12年
 ザ・グレンリベット18年
 ザ・グレンリベット21年 アーカイブ
 ザ・グレンリベット12年 フレンチオークリザーブ
○ザ・グレンリベット15年 フレンチオークフィニッシュ
 ザ・グレンリベット ナデューラ
 マッカラン12年
○マッカラン12年 グランレゼルバ
○グレンフィディック12年
 グレンフィディック18年
 バルヴェニー12年 ダブルウッド
 ダルウィニー15年
○ストラスアイラ12年
 オーヘントッシャン10年
 クラガンモア12年
 ダルモア12年
 クライネリッシュ14年
 グレンドロナック12年
 グレンモーレンジ10年
 グレンモーレンジ マディラウッドフィニッシュ
 グレンモーレンジ ポートウッドフィニッシュ
 オーバン14年
 ボウモア12年
 ラガブーリン12年
 ラフロイグ10年
○タリスカー10年
 余市?年
 白州?年
 宮崎峡?年

他にもあった気がするけど思い出せない^^;
しかし、結構な種類飲んでるもんだなぁ
○付きは買ったことのあるものです。
●よろしかったらクリックお願いします●
今月の給料で、Band-in-a-BoxとMusicMakerと鏡音リンを買ってしまった・・・
Band-in-a-Boxはメガパックですw
しっかしまぁ・・・コード進行もろくにしらないのに宝の持ち腐れにならないようにしないと^^;
●よろしかったらクリックお願いします●
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。